ホーム思い出の品 ≫ 断捨離を公言していたことで得られるメリットとは?!

断捨離を公言していたことで得られるメリットとは?!

今日から学校が始まりました。3月いっぱいで退職した私にとってはこの平日に一人になれる時間を本当に楽しみにしていました。

春休みに子どもたちと一緒にいられたことは貴重ではありましたが、3食ずーっと作る日々も辛いもんですよね。

で、久しぶりにゆっくりと一人時間を楽しみながら「断捨離してる」「断捨離好き」を公言しておくとこんな風になるのか、としみじみしたことがあったんです。
【ランキングに参加しています。ポチしていただけるとうれしいです】 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク

断捨離を公言しておいたことで退職の時の頂き物は全て食べ物でした。


私が断捨離を始めたのは去年の今頃です。夏休み前くらいまでは捨てまくるような断捨離をしていたと思います。

断捨離をすすめることで自分では必要と思っていたものがそうでもなかったり、決めるスピードがものすごく速くなっていたりといろんな変化が面白くて職場でも断捨離のことを話題にあげていたようです。(→これも断捨離の副作用?!捨てまくる中で決断スピードが異常に早くなっているのでご注意を。

そして、そんなつもりはありませんでしたが、スタッフステーションのレターケースやテーブルの引き出しなど必要ないと思ったものはサッサと処分するようになり、それは一部の後輩たちに恐れられていたようなのです。

「置き忘れていくとしょうこさんに捨てられると思って気が気じゃなかったんですよ」と言う後輩もいましたが、失敬な。(笑)自分のものではない書類は慎重に捨てていたつもりです。

そんな感じだったので休憩室のロッカーの中に入れておく物がほとんどなくなり、入っていたのは研修系のファイル2冊と歯ブラシセットだけ。

これがフツーで自分のロッカーだけでは足りなくて二つもロッカーを使っている若い子たちはどうなってるんだ、と思っていましたが奴らには私の方が異常だと思われていたみなのです。これまた失敬な。

そしてこれらは「私は物をいただいてもとっても困るんです」メッセージを放っていたということみたいです。

今回、退職にあたり頂いたプレゼントは全て食べ物。

これ、本当に有難いです。今日は頂いた紅茶とお菓子で午前中のおやつタイムをゆっくりしました。

お菓子や紅茶以外の頂き物で面白かったのは無添加の和風だしと2キロのお米。天然醸造の味噌。「ハンカチですら使ってもらえないと思ったので味噌にしました。(笑)」のメッセージつき。

よく分かっていらっしゃる。プレゼントも心を痛めながらやっぱり処分してしまったことありましたから。→プレゼントの処分はやっぱり心が痛む・自己満足で贈りつけるのはもうやめようと誓った日。

飲んで食べたらなくなってしまうんだけれど、残らないからこそ「今きちんと味わっておきたい」と丁寧な時間になります。そして、頂いた方の顔や思い出が鮮明に浮き上がる気がする。

一緒に働けたことに感謝しながら、来週の平日ティータイムを楽しみたいと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示